わたしたちはたがいに癒しあい、
また自己を癒すために地上に生まれてきた

「わたしたちはたがいに癒しあい、また自己を癒すために地上に生まれてきた。
それは身体症状の回復という意味での癒しではなく、はるかに深いレベルでの癒し、精神の、そしてたましいの癒しである。」
スイスの精神科医エリザベス・キューブラー・ロスが生とその過程、人生と生き方について書いた本「Life Lessons」の一文です。
いのちの学びに溢れたこの本の名前をサロン名にいただきました。
からだとこころを癒して、自分に優しくなる。すると、まわりの人もなんだか優しくなる。そして、少しづつ見える世界が優しくなっていく。
そんな小さな幸せの連鎖が生まれる場所を一緒に創っていけたらという想いです。

ソマティックセラピスト
さいとう じゅんこ
JUNKO SAITO
はじめまして。
\生きづらさを、じぶんらしさへ変える/をテーマに心身両面から「生きづらさ」を解放し、自分らしく輝く人をサポート

最近では、HSPや発達性トラウマ(ポリヴェーガル理論)の面からもお伝えしています。

「自分らしく生きたい」
その思って仕事も人間関係もがんばり続けた会社員時代。
がんばるほどに生きづらくなるスパイラルからバーンアウトし、30代半ばで何の計画もないままに会社員を辞める。

会社を辞めてからは、真から自分らしく生きる道を模索する日々が続く。
その一歩が、これまでの経験で喜びを感じていた「人と深く関わること」にフォーカスし、全く畑違いのアロマセラピストの学校に通いはじめる。

そして、自分自身の生きづらさから抜け出したい一心で心の学びもスタート。
全てが手探りでしたが、今振り返ればまるで導かれてきたかのように一歩一歩、からだとこころの学びと癒しの道を進む。

2018年には、心と身体の本質を追求するエサレン研究所で生まれたエサレン®️マッサージ&ボディワークをエレンワトソンから学びプラティクショナーとして活動をスタート。

気づけば、いつの間にか以前よりずっと穏やかに、そして自分らしく生きていきけるように。
生きづらさを解放し「自分らしく生きる」には、現実を変えようとするんじゃなく、心の奥に閉じ込めている感情・思考と向き合うことだったこと、そしてこれまでの苦しみ、痛みの全てが自分の「天職」に導いてくれるための経験だったことを深く理解しています。

あの頃の私のように真面目に頑張り屋のあなたが、「自分のらしく生きる」1ページを一緒に創れたら嬉しいです。
<経歴>
2013年:アロマセラピスト養成科
2014年:麻布十番にてプライベートサロンOPEN
2017年:第11期岡部明美/LPL養成講座終了
2018年:エレンワトソン/エサレンⓇマッサージ&ボディワークバリ島コース終了
2018年:第12期岡部明美/LPL養成講座終了
2020年:サロンを広尾に移転
2020年:マザーズオフィス/ロッキングテクニックレベル1・2終了

<資格>
日本アロマ環境協会アロマテラピー検定1級
日本メディカルハーブ協会ハーブ&ライフ検定
AURA-SOME®エッセンシャルズプレゼンター
米国EMBA認定エサレンⓇマッサージ&ボディワークプラティクショナー

<学び>
傾聴技法
ゲシュタルト療法
ハコミセラピー
バイロン・ケイティワーク
エニアグラム
バッチフラワーレメディ他
PAGE TOP