【バッチフラワーレメディ】オリーブ(疲労困憊)の選び方と特徴のレッスン

バッチフラワーレメディ
こんな方におすすめの記事

・バッチフラワーレメディの植物のプロフィールを知って、より自分に合ったレメディを見つけたい
・自分の感情により添えるようになりたい

 

こんにちは。
東京都港区でボディ&心理セラピストとして活動しているじゅんこです。
ボディセラピストとしては、瞑想的なマッサージと言われる「エサレンⓇマッサージ&ボディワーク」を広尾サロンで提供中。
心理セラピストとしては、ゲッシュダルト療法、ハコミセラピーetc沢山のメソッドを学びましたが、現在は世界60ヶ国の国々で愛され続けている、心や感情のバランスを取り戻す「バッチフラワーレメディ」をメインに、Zoomオンラインでの勉強会やコンサルテーションをさせていただいてます。

こちらのページでは、38種類ある各レメディの選び方や特徴を詳しくご説明していますので、ご参考になさってください。

バッチフラワーレメディ/オリーブの選び方と特徴

バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ/オリーブの選び方と特徴を書いていきます。

第17回目は、食用オイルとしては多くの人に馴染み深いオリーブ、レメディとしても存在しています。
早速、オリーブの特長を見て行きましょう。

感情の7つのカテゴリー

ロックウォーターは、「現実への無関心」のグループ

オリーブはこんな状態の時におすすめ

・精神的、肉体的にも疲労困憊
・エネルギー不足
・疲れすぎて、日常に喜びが見いだせない

オーバーワーク、長い闘病生活、育児、介護、勉強などを続け、疲れて果てているという人に。
あまりにも疲れて果てているので、日常生活に喜びが見いだせずに、無気力、無関心の状態の時にも。

オリーブ状態の口癖

「休みの日でも、何もしたくない」
「疲れていて、何もする気になれない」
「毎日同じことの繰り返しで、生きる意味が分からない」

バッチ博士の記述『バッチ博⼠の遺産』より

精神的、肉体的にこれまで苦しんでいて、もう何の努力をする力も残ってないと感じるほど疲れ切っている人のためのものです。
日々の暮らしは、少しも楽しくなく、ただ辛く感じられます。

オリーブの特長とキーワード

バッチフラワーレメディ
by Wikimedia Commons

和名 オリーブ
花期 5月~6月
レメディ部位 花をつけた房
製造方法 太陽法

種→根→茎→葉→花へと変容していく植物の姿が、レメディを用いることで期待できるポジティブな資質へのヒントにもなります。

オリーブは、モクセイ科の常緑高木で、実が食用油のオリーブ油になるので馴染み深い植物です。
生育には、強い太陽とたくさんの水が必要です。
葉は光沢があり、太陽の光を積極的に集めrる姿から「低エネルギー」を補う姿がイメージされます。

オリーブを用いて期待できる効果

オリーブの学びから、レメディを用いることで期待できる効果を考えてみると。

・自分の限られたエネルギーを上手に使えるようになる
・自分を大切にできる
・日常生活の些細なことに喜びを見出せる

レメディは栄養剤のような役割ではなく、あくまでも自分自身がもともと持っているエネルギーを巡らせてくれます。

【Zoom勉強会】初めての心の学びwithバッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディは「心と感情のバランスを取り戻す」システムですが、あわせて「心の仕組み」を知っていると、より効果的にレメディを用いることもできます。

心の仕組みを知って、より軽やかに生きよう!

Zoomを使った勉強会を開催中です。

詳しくはこちらから⇓

関連記事

  1. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】スクレランサス(優柔不断)の選び方…

  2. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】チェリープラム(自制心)の選び方と…

  3. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ロックウォーター(厳格)の選び方と…

  4. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ロックローズ(パニック的恐怖)の選…

  5. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】バーベイン(使命感<受容)の特徴と…

  6. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ワイルドオート(自分探し)の選び方…

PAGE TOP