怒りの感情の奥に隠れている「ほんとのじぶん=ニーズ」に気づくレッスン

こんにちは。「からだ」と「こころ」を入口に、じぶんの中の光に導くボディ&心理セラピストのじゅんこです。

最近、植物のエネルギーで感情のバランスを取り戻す、バッチフラワーレメディを用いたセッションをしていることもあり最近は日々「感情」にフォーカスしています。

バッチフラワーレメディの基本はこちら↓
バッチフラワーレメディとは

今日は感情の中でも、もっとも扱いにくい「怒り」について書いてみます。

もっとも扱いにくいからこそ「怒り」の中には「ほんとのじぶん」が隠れています。

怒りの奥にあるものは

怒りは、誰かに対してや何かの出来事で呼び起こされます。

怒りを感じたときは、誰かや何かの出来事にどうしてもぶつけたくなるのですが、怒りを観察していくと、自分の本当のニーズが見えてきます。

最近のわたしの怒りの感情で気づいた自分のニーズを見てみると、先日、お友達への手土産のためにお花を買いに行ったのですが、対応からラッピングの仕方まで、わたしにはどうしても雑に感じてしまい「怒り」がでてきました。

お店をでても、しばらくは「怒り」の感情が収まらなかったのですが、少し冷静になった時に観察してみると「雑に扱われてる」という思い込みが見えて、「丁寧にされたい」という自然なニーズに気づきました。

ニーズは本来の自然な自分


自分のニーズとは、言いかえれば「自分の本当」ということになります。

生まれたての赤ちゃんが、ミルクを飲みたい、抱っこして、うんちがでたので気持ちわるいとオギャーと泣いて自分のニーズ(欲求)を教えくれるように、人には自然なニーズがあります。

当たり前のことのように思いますが、その自然なニーズは大人になるごとに不自然になっていきます。

成長する過程で、自然なニーズを受け入れてもらえない経験を重ねる度に、どんどん自分のニーズが隠れていきます。

・大事にされたい
・受け入れてもらいたい

自然なニーズは、とてもシンプルです。

怒りの奥にあるには、そんなシンプルな自分のニーズが隠れています。

どうしても「怒り」の感情がでた時は、外側の誰かや出来事にぶつけたくなるのですが、一息置いて怒りの奥にはニーズを感じる心に余裕をもてたら、怒りのエネルギーも変化します。

心と感情のバランスを取り戻すバッチフラワーレメディのセッションをはじめました。

お気軽にご連絡ください^ ^

関連記事

  1. 悲しいはずなのに笑顔になってしまう自分を解放することで起きる…

  2. 「話すことは、は放つこと」話すことで自分を解放し自分らしく生…

  3. ありのままのじぶんで生きると決める

  4. 「考えること」よりも「感じること」にフォーカスしてみる

  5. 7つの感情を解放して、自分らしく生きるレッスン

  6. からだの声を聴いて、人生に変化を起こす

PAGE TOP