【バッチフラワーレメディ】チェストナットバッド(同じパターンを繰り返す)の選び方と特徴のレッスン

バッチフラワーレメディ
こんな方におすすめの記事

・バッチフラワーレメディの植物のプロフィールを知って、より自分に合ったレメディを見つけたい
・自分の感情により添えるようになりたい

 

こんにちは。
東京都港区でボディ&心理セラピストとして活動しているじゅんこです。
ボディセラピストとしては、瞑想的なマッサージと言われる「エサレンⓇマッサージ&ボディワーク」を広尾サロンで提供中。
心理セラピストとしては、ゲッシュダルト療法、ハコミセラピーetc沢山のメソッドを学びましたが、現在は世界60ヶ国の国々で愛され続けている、心や感情のバランスを取り戻す「バッチフラワーレメディ」をメインに、Zoomオンラインでの勉強会やコンサルテーションをさせていただいてます。

こちらのページでは、38種類ある各レメディの選び方や特徴を詳しくご説明していますので、ご参考になさってください。

バッチフラワーレメディ/チェストナットバッドの選び方と特徴

バッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディ/チェストナットバッドの選び方と特徴を書いていきます。

第23回目は、トチの実で知られる植物チェストナットバッド。
早速、チェストナットバッドの特長を見て行きましょう。

感情の7つのカテゴリー

チェストナットバッドは、「現実への無関心」のグループ

チェストナットバッドはこんな状態の時におすすめ

・経験から学ばず、同じ失敗を繰り返す
・注意力に欠けている
・意識が今ここに在ることができない

他人から見ると不思議なほどに、同じ過ちや失敗を繰り返します。
失敗から得たことを教訓として活かすことができずに、同じ現実を生み出します。

チェストナットバッド状態の口癖

「また、騙されちゃった」
「じっくり考えるのが苦手」
「嫌なことは、もう考えないようにしてる」

バッチ博士の記述『バッチ博⼠の遺産』より

観察や経験を上⼿く⽣かす事ができず、⽇々の暮らしから教訓を得る時も、他の⼈より時間がかかる⼈のためのものです。
普通なら⼀度経験すれば⼗分な時でも、このタイプの⼈はもっとたくさん経験しなければならないように思い、教訓から学ぶために、時には何度も繰り返します。
その結果、残念なことに⼀回やれば⼗分な時でも、あるいは他の⼈の間違いを⾒てそれを教訓にすることができる時でも、何度も同じ間違いを繰り返してしまいます。

チェストナットバッドの特長とキーワード

バッチフラワーレメディ
by Wikimedia Commons

和名 セイヨウトチノキ
花期 4月~5月
レメディ部位 冬芽(蕾を枝ごと)
製造方法 煮沸法

種→根→茎→葉→花へと変容していく植物の姿が、レメディを用いることで期待できるポジティブな資質へのヒントにもなります。

トチノキ科の落葉高木。
レメディに用いる冬芽とは枝の先端につける小さな芽で、そのまま冬を超えて春を待ちます。
冬芽の内部にはまだ未熟な葉や花の蕾が納められています。
チェストナットバッドの、失敗から学べない=「未熟」のキーワードと重なります。

チェストナットバッドを用いて期待できる効果

チェストナットバッドの学びから、レメディを用いることで期待できる効果を考えてみると。

・注意深く、行動できる
・客観的な判断力を得る
・今ここにいることができる

【Zoom勉強会】初めての心の学びwithバッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディは「心と感情のバランスを取り戻す」システムですが、あわせて「心の仕組み」を知っていると、より効果的にレメディを用いることもできます。

心の仕組みを知って、より軽やかに生きよう!

Zoomを使った勉強会を開催中です。

詳しくはこちらから⇓

関連記事

  1. 【バッチフラワーレメディ】クレマチス(空想壁<グラウンディン…

  2. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ウィロー(自己憐憫)の選び方と特徴…

  3. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ラーチ(劣等感)の選び方と特徴のレ…

  4. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ワイルドローズ(無気力)の選び方と…

  5. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ウォーターバイオレット(独立独行)…

  6. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】スクレランサス(優柔不断)の選び方…

PAGE TOP