【バッチフラワーレメディ】セントーリー(意思の弱さ<意思の力)の特徴と詳細のレッスン

バッチフラワーレメディ

こんにちは。「からだ」と「こころ」を入口に、じぶんの中の光に導くボディ&心理セラピストのじゅんこです。

バッチフラワーレメディの38種類のレメディの詳細と特徴を書いていきます。

第7回目はセントーリー
セントーリーはバッチチ博士が英国ノーフォーク州クローマーで7番最初に発見した(と言われている)レメディです。

5枚のピンク色のくっきりとした花びらから取れるレメディ。

早速、セントーリーの特徴と詳細を見て行きましょう^ ^

バッチフラワーレメディ/セントーリーの特徴と詳細

ネガティブな感情の指標

人を喜ばせようとしすぎたり、人の言いなりになってしまう。

育まれる特質

自己表現力。自分の気持ちを大切にでき、周りの意見に左右されない。

「セントーリー」タイプの傾向

自己犠牲。

「セントーリー」タイプの口癖

「私は、後でいいです。お先にどうそ。」

「いざとなると、どうしていいか分からなくて混乱します」

「私の考えては、あってますか?間違ってますか?」

7つのグループ

38種類のレメディは7つの感情のグループに分かれています。
セントーリーは「人や周囲に敏感すぎる」グループ

12ヒーラーズ・7ヘルパーズ・セカンド19

セントーリーは、魂をを癒す7ヘルパーズのグループです。

植物の特長

セントーリーの特長を実際の植物で見てみましょう。

種→根→茎→葉→花と変容をしていく植物の在り方が、レメディを用いることで「育まれる特質」へのヒントにもなります。

セントーリーは、5枚のくっりとしたピンク色の花びらに、中央には黄色いおしべがあります。

葉は、自己主張を感じさせないシンプルな形状がセントーリーの意思の弱さをイメージさせます。

バッチフラワーレメディ

セントーリーは、2年目でやっと花を咲かせるます。ゆっくりと成長する姿から、自己を表現することへの時間も感じさせます。

バッチ博士の記述には、「必要以上に人の手助けをしたいと願い、そうする事で自分自身の人生の使命を無視する傾向にあります」と書かれていいます。
貢献的で気配りができるセントーリーの特質が育まれたら

□人生の主役は自分であることに気づく
□必要な場面で、NOをしっかりと伝えられる
□自分を犠牲にせずに、適切な距離で人間関係を保てる

など、イメージできます。

38種類のレメディ一覧はこちらから

【バッチフラワーレメディ】38種類のネガティブな感情の指標と育まれる資質一覧

Zoom勉強会のお知らせ

風の時代を軽やかに生きる~初めて心の学びwithバッチフラワーレメディ~

心の仕組みを知って、より軽やかに生きよう!

Zoomを使った勉強会を開催します。

詳しくはこちらから

関連記事

  1. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】クラブアップル(神経質)の選び方と…

  2. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ウィロー(自己憐憫)の選び方と特徴…

  3. ミムラス

    【バッチフラワーレメディ】ミムラス(具体的な怖れ<静かな勇気…

  4. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】レッドチェストナット(愛するものへ…

  5. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】ヘザー(自己中心的)の選び方と特徴…

  6. バッチフラワーレメディ

    【バッチフラワーレメディ】アグリモ二ー(うわべの陽気<真の自…

PAGE TOP